ご予約

ご宿泊日


泊  
部屋
1部屋あたりのご利用人数 :

title

厳選した国産肉で手づくりする逸品「ソーセージ」

池口精肉店

池口 昌夢さん

町の人々に愛される大人気のお肉屋さん

福山市では知らない人はいないのでは?と言えるほど大人気のお肉屋さん、「池口精肉店」。
駅から離れた住宅地にひっそりお店を開いたのが1982年のこと。当時から、和牛には強いこだわりを持っていて、“本当においしい”と思えるお肉だけを取り扱っています。また、コロッケやミンチカツなどの加工品も自社生産。通信販売や百貨店など、この町のみならず全国でも大人気!評判が評判を呼ぶこと30余年。今では「ひっそり」どころか、休日には店の外まで行列ができるほどの人気店です。最初は家族経営だったのが、従業員数も工場も拡大し、小さな店内はスタッフとひっきりなしに訪れるお客さんの姿でいっぱい。人気の秘密は、もちろんお肉に対する誠実さとチャレンジ精神にあります。

お肉のプロフェッショナルの挑戦!妥協なき職人技が光る

「主力商品である国産黒毛和牛は、A4・A5 などの等級にこだわらず、適度な霜降りが入っていて赤身の美しいものを僕が目利きをして仕入れています。仕入れた後は、ウェットエイジングで寝かせて旨味を最大限に引き出します。」と、専務であり現代表の長男、池口昌夢さん。池口精肉店では、精肉は、限られたわずか数名の“肉職人” が行っていますが、昌夢さんも、店を代表する肉職人の1人です。肉の特性を知りつくす職人だからこそ出せる美しさ、食感、旨味があるそう。いつもニコニコと柔らかい雰囲気がある昌夢さんですが、肉を切るときには、厳しく真剣な顔つきへ。妥協なき職人技が「池口精肉店」の伝統を守ります。

パキッと噛めば旨みが爆発、手づくりソーセージ

ソーセージを一口いただくと、ピリッ! ジューシー! 粗挽きのミンチにしっかりスパイスが効いて、お酒でも飲みたくなってしまいそう……。
ソーセージ作りの鍵は、“どうすればもっとジューシーになるか?”を追求することなのだそう。その成果は、ソーセージを頬張った一口目で分かります。池口精肉店のソーセージは、ケチャップやマスタードとももちろん合うけど、何もつけずそのままでも十分、いや十二分に美味しい! これがお肉屋さんの本気なのか、と感服してしまいます。
美味しさの秘訣を伺うと、実は、こちらのソーセージは肉の下処理から味付け、燻製、パック詰めまで全て人の手で作っているのだとか。プロの目で選別した肉の小骨や筋を丁寧に取り除き、腸詰、加熱・燻製して旨味と香りを高めたら、冷やしてカットして真空。
出来上がりまで約一週間、職人たちがその技をもってやっと「池口精肉店の味」となるのです。

「池口精肉店」のチャレンジはまだまだ加速中!

「池口精肉店」のチャレンジはぐいぐい町に乗り込みます。 2020 年に精肉店としてオープンした福山駅前店では、今後、焼肉屋を新たに併設することで、お客様がお肉(食)を通じて、お腹はもちろん心も満たされるような場所にできないかと考えているそう。「単に、「お肉を食べる場所」ではなく、地域のコミュニティの拠点になったり、おいしい食を通じて会話が弾んで忘れられない思い出になったり、お肉のおいしさで心が満たされたり。そういう場所を作りたい。」そう語る昌夢さんの瞳はキラキラと楽しそうに輝いていました。
また、これだけではありません。近い将来、急速冷凍技術を取り入れることで食材の鮮度をさらに向上し、今まで出来なかった種類の新商品も開発されるそう。次々と新しいことにチャレンジし続ける「池口精肉店」から今後も目が離せません。

池口精肉店 × ANCHOR HOTEL

ANCHOR BARで提供するホットドッグに使用するソーセージは「ガーリックペッパー」と「プレーン」の2種類。朝のホットドッグはあっさりと食べられるよう「茹で」、夜はスパイシーさが引き立つ「焼き」で提供しています。プロの目で厳選された豚肉・鶏肉の旨み、桜やブナのチップでスモークされた上質な薫りを、BARのコーヒーやお酒とともに味わってみてください。

池口精肉店

広島県福山市新涯町5-31-39 / TEL.084-953-9799

1982年創業の地元精肉店。黒毛和牛、国産の黒豚・白豚、国産地鶏や若鶏など厳選された国産肉をはじめ、それらを素材としたハム・ソーセージなどの食肉加工品、コロッケや焼き鳥などの惣菜を製造販売している。看板商品であるミンチカツは「全国あげあげサミット2016」の優勝商品。

WEBサイトを見る

with you, to you.

地域と共に、あなたに。